知っておくと便利なスーツのズボンを正しく洗濯する4つの方法

スーツ

スーツのズボンは、頻繁に、また長時間着用していることが多く、汚れが気になるものです。毎回、上下セットでクリーニングに出すのが理想ですが、汚れやすいズボンだけでも自宅で洗濯できれば、節約になります。

スーツのズボンを洗濯する方法をご紹介します。






知っておくと便利なスーツのズボンを正しく洗濯する4つの方法


1)スーツにも素材の種類がある?主な2種類とクリーニングの違い

(1)ウール100%のもの

スーツの素材の種類で代表的なものが、ウールです。生地が柔らかいので着心地が良く、吸湿性に優れているので湿気や汗を上手に逃してくれます。クリーニング店に依頼するのが最も安心ですが、「ドライマークの衣類が洗える」と表示されているおしゃれ着用洗剤を使い、丁寧に作業をすれば、自宅で洗うことも可能です。

(2)ポリエステル素材

もう1つ代表的なスーツの素材が、ポリエステルです。ウールと混紡されていることが多く、独特のしゃりっとした生地が魅力で、ストライプ等の柄がはっきり出る、という特性があります。

価格は、ウール100%のスーツより割安なので、買い替えを検討しやすいでしょう。ただし、生地の織り方によっては熱がこもって湿気が逃げにくく、汗がたまりやすいというデメリットがあるため、着る季節や用途に合わせて選ぶことが必要になってきます。

2)洗濯をする前に!手で汚れを落とす方法とは?

(1)洗濯機を使う前にできる掃除方法とは?

スーツのズボンに少しだけシミや汚れがついてしまった、という場合は、手洗いや洗濯機でまるごと洗濯する前に、その汚れだけを落とす、という方法が良いかもしれません。下記に詳述しますが、汚れの種類に合わせて、中性洗剤やアルコール等を使い、シミを広げないよう気をつけながら手で汚れを落とすようにします。

(2)付着した汚れ別にできる掃除方法とは?

・汗染み

夏場は特に気になるのが汗染みです。汗染みが目立っている部分を、水を含ませた綺麗なタオルで静かにたたくようにし、汗を吸い取ります。スプレーで再度水をかけてから、乾いた綺麗なタオルでそっとたたいて水分を取り除き、ハンガーに吊るして風通しの良い場所に干します。乾いてからブラッシングをすればOKです。

・水溶性のシミ

食事の時に、しょうゆやソース、ケチャップ等の水溶性のシミが付着してしまうことがあります。その際は、まず水で濡らした綺麗なタオルで汚れをできるだけ拭き取ります。シミが広がらないよう、周りから内側に向けてたたくようにして取り除いたら、中性洗剤を水で薄めたものをタオルに含ませ、静かにたたきながらシミが薄くなるまで繰り返します。

その後、水を含ませたタオルで洗剤分を拭き取り、乾いたタオルで水分を吸い取ったら、風通しの良い場所に陰干しをして、乾いてからブラッシングをして仕上げます。

・油性の汚れ

マヨネーズやドレッシングといった油性の汚れは、乾いた布でできるだけ汚れを拭き取ってから、アルコールを少し含ませたタオルで軽くたたきます。汚れが落ちたら、水で濡らした綺麗なタオルでアルコール分を落とし、乾いたタオルで水分を吸い取ってから陰干しします。

スーツのズボン

3)スーツのズボンの洗濯に必要なグッズ3選

(1)「ドライ」衣類が洗えるおしゃれ着用洗剤

スーツのズボンの洗濯に必要なグッズの1つが、ドライマークの衣類も洗うことができる、おしゃれ着用洗剤です。ほとんどのスーツの洗濯表示には、ドライマークが付いていることが多いので、それに対応している洗剤を使えば安心です。スーツのズボン以外のおしゃれ着にも使えるので、ドラッグストア等で入手しておくと良いでしょう。

(2)洗濯用ネット

スーツのズボンを洗濯機で洗う際には、必ず洗濯用のネットに入れる必要があります。ネットに入れる際に、あまりにも小さくたたむと折りじわや型崩れの原因となるため、三つ折り程度の大きさを入れることができるネットを用意することをおススメします。100円ショップでも様々なサイズの洗濯用ネットがあるので、簡単に入手できます。

(3)ズボン専用の洗濯ハンガー

スーツのズボンを型崩れさせずに干すために、ズボン専用の洗濯ハンガーを使うと便利です。インターネット通販等で、500円~1000円前後で様々なタイプのズボン専用ハンガーが販売されているので、自宅の干すスペースに合ったものを選ぶことができます。

4)自宅でスーツのズボンを正しく洗濯する4ステップ

(1)ステップ1:目立つシミや汚れを落とす

スーツのズボンを手洗いしたり、洗濯機で洗ったりする前に、上記の方法を参考にして、シミの種類に合わせた方法で、目立つ汚れを落としておきます。

(2)ステップ2:手洗いする

スーツのズボンを手洗いで洗濯する場合は、洗面器や洗面台のシンクに水を入れ、定量のおしゃれ着用洗剤を溶かした中に、裏返して三つ折りにしたズボンを入れ、静かに手で押し洗いします。10~15分ほど漬けたら、水を2~3回変えてすすぎ、洗濯ネットに入れて洗濯機で1分ほど脱水します。

(3)ステップ3:洗濯機で洗う

スーツのズボンを洗濯機で洗う場合は、三つ折り程度にして洗濯ネットに入れます。水流の弱い「手洗いコース」等を選択し、手動で設定できる場合は脱水を1分ほどに短縮してセットします。水の量に合ったおしゃれ着用洗剤を、ズボンに直接かからないように気をつけながら投入し、脱水が終わったらすぐに取り出します。

(4)ステップ4:形を整えて干し、乾いたらブラッシング

できるだけ早く洗濯ネットから取り出し、ズボン専用の洗濯ハンガーに形を整えて干します。日陰で風通しの良い場所を選んで干すと、比較的短時間で乾きます。

乾いたらブラッシングをして表面を整え、折り目をはっきりさせたい場合はアイロンをかければ完了です。

洗濯機

5)洗濯をする場合の注意点とは?

(1)洗剤による色落ちがないか事前に確認する

スーツのズボンを洗濯する前に、裏側の目立たない場所に洗剤を少量つけて軽くこすり、色落ちや変質がないかどうか確認しておく必要があります。色落ちしてしまってから後悔しても遅いので、必ず事前にチェックしましょう。

(2)高級素材との混紡はクリーニング店へ

シルクやカシミヤなどの高級素材が混紡されているスーツのズボンは、自宅で洗濯するよりもクリーニング店に依頼する方が無難です。繊細な素材なので、洗濯の仕方によっては縮みや変質、変色が生じるケースが考えられるからです。

6)スーツを上手く付き合うために知っておきたいポイント

(1)本当に家で洗濯しないほうが良いの?タグを確認すべき?

スーツのズボンのタグに「ドライマーク」が付いている場合でも、ポリエステルとウールの混紡素材であれば、ほとんどの場合おしゃれ着用洗剤を使って、自宅で洗濯できます。ただし、ウール100%のものや、表面に独特の加工が施されているものなどは、家で洗濯しないほうが良いかもしれません。

(2)干し方のポイントとは?

スーツのズボンを洗濯した後は、洗濯機の中に放置せず、すぐに取り出して、形を崩さないよう気をつけながら、ズボン専用の洗濯ハンガーに干します。ハンガーのタイプによっては、裾の方を上にして、折り目を整えたまま干すことができるものもあり、型崩れを防ぐことができるでしょう。

(3)アイロンがけのコツ

スーツのズボンのファスナーを外した状態でアイロン台に置き、腰の後ろ側からスチームを使いながらアイロンをかけます。アイロンの温度は中温(140度前後)で、当て布をします。

その後、片足ずつアイロン台に乗せて真ん中部分に折り目をつけます。スチームと当て布を使ってかけた後、スチームを使わずに再度プレスして仕上げます。

ハンガーに吊るしてから全体的に見て、しわの残っている部分にスチームを当てれば完了です。慣れれば5分前後で行うことができるので、ぜひ日頃のお手入れの一環に取り入れてみてください。

(4)効果的な保管方法

スーツのズボンは、着用した後すぐにクローゼット等にしまうのではなく、ハンガーに吊るして室内の風通しの良い場所に置き、汗を蒸発させてからしまうようにすると、効果的です。少しのシミや汚れもそのままにせず、きちんと綺麗にしてから保管すれば、綺麗な状態を長く保つことができます。

(5)日々のメンテナンスのコツとは?

同じスーツのズボンを続けて着ると、どうしても傷みや汚れがひどくなりがちですので、できれば3着程度を交互に着回すことをおススメします。

毎日アイロンがけをする時間はない、という方でも、着用後にブラッシングをするだけで、ほこり汚れを落とし、表面の綺麗な状態をキープできるので、まずはブラッシングを習慣づけるようにすると良いでしょう。

7)やっぱりクリーニングが安心?クリーニング事情とは?

(1)平均的な費用・期間は?

チェーンのクリーニング店であれば、スーツ上下セットで800円~1500円程度のところが多いようです。ほとんどの場合、2~3日でクリーニングが完了し、引き取りに行くことができます。

(2)依頼する上での注意点は?

スーツのズボンに汚れが付いていて、シミ抜き等のオプションがついたり、シルクやカシミヤといった高級素材が混紡された繊細な素材のものだと、価格がもう少し高くなり、期間も長くかかる可能性があります。次に着用するのはいつか、予定に間に合うかどうかを確認してからクリーニング店に依頼したほうが無難です。

(3)実は家で洗えるスーツもある?

ご紹介してきたとおり、ポリエステルとウールの混紡素材のスーツであれば、洗剤を上手に選んで自宅で洗濯することも可能です。ただ、どんなに注意深く洗濯しても、色落ちや風合いを損なってしまうことも考えられるので、長く着たい大切なスーツや、こだわりの素材やデザインのものは、クリーニング店にお願いすると安心です。






まとめ

【1】スーツのズボンの素材の違いと洗濯方法の関係とは

【2】まるごと洗う前に手で汚れを落とそう

【3】簡単に手に入る、揃えておきたい3つのグッズ

【4】スーツのズボンを洗濯する時の注意点

【5】日頃のメンテナンスでスーツのズボンを長く綺麗に着よう

【6】覚えておきたいクリーニング事情